-->  妙満寺(大分県宇佐市)へようこそ お浄土で
FC2ブログ
2019年06月 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2018.09.16 (Sun)

お浄土で

9月14日の夕方、四時半を過ぎていました。

隣市での用事が終わり帰宅する前に、母が入っている施設を訪ねました。

三女と一緒に部屋へ行ったのですが、不在。

夕食のため食堂に集まっていました。

母を見つけ声をかけました。

大きな目を開け、こちらを見続けます。

そこに拙寺ご門徒の介護士さんがやってこられました。

「あら。部屋へお連れしましょうか?」と。

「いえいえ、ちょっと寄っただけです。もう帰らねばなりませんから」


娘に「おばあちゃん、元気になっただろう」と声をかけ、「又来るね」と母の頬をなで自宅に戻りました。


「元気になってたぞ。百歳まで行くかも」と話しながら着替えを済ませた頃でした。

兄嫁から電話が。「おばあちゃんの具合が良くないと連絡が、、、」

「そんなことないですよ!三十分ほど前に会ってきましたよ」

施設に向かっているとのことなので、私も再度、車を走らせました。


向かってる途中に電話が。「間に合わなかった。着いたときには、、、」

信じられない思いで施設に。母はひとりベッドに。

一時間半ほど前は、目を開け、私を見つめてくれた母。もう声をかけても、頬をなでても目を開けてくれません。


20分ほど、二人きりになりました。いろんな思い出がよみがえってきました。

父が48歳で往生。その倍以上生きてくれた母。しかし、大変な苦労があっただろうし、私は末っ子であったので、大変迷惑をかけたと思います。

四人の息子の「母子手帳」を大事に持ち続けてくれていた母。


「ごめんね。でも、長くそばに居てくれてありがとう。」

「長い施設での生活、疲れたかな。。。ゆっくりしてね」

「また、お浄土でね」


佐々木春子 満98歳

9月17日(月) 午後七時  通夜

9月18日(火) 午後一時  葬儀




08:00  |  妙満寺  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

弔意

残念なお知らせ賜りました。

明日、小犬丸で、お悔み申し上げます。

葬儀参詣は、若院と坊守が参詣いたします。

ごめんなさい!
釋大仁 |  2018年09月16日(日) 19:15 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://myoman.blog5.fc2.com/tb.php/1436-b5dd7ed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。